SMD Rework Solution

We are specialist for SMD Rework such as 0402 chip, CSP,BGA and QFP etc.

English ご連絡 サイトマップ


MSX600 X線検査装置:


リワーク装置:
リワーク装置付属品:
関連機器:
ホーム(製品情報)  >  MSX600 X線検査装置 詳細

MSX600型X線検査装置 デモムービー



 


卓上型で操作が容易なエコノミーなX線検査装置です。(床置き使用も可能です)

安全構造で、漏洩線量は1マイクロシーベルト以下。

BGAリワーク後のハンダ付け検査に最適です。

X線管は、ミニホーカスのユニット交換式でメインテナンスが容易です。

X線照射角度を最大50度までスイング可能機種も選べます。(MSX600L型)

GxVision付画像解析機能付き機種も選べます(MSX600V型)


動作の概要

MSX600 シリーズのX線検査装置は、新たに開発したミリホーカス式X線発生器により、低コストでありながらマイクロホーカス機と同等な機能を持たせることに成功しました。

 密閉空冷式ですので、メインテナンスが容易で、しかも安価です、僅か4本のボルトを緩めるだけで簡単に交換作業が完了できますので、お客様での交換も可能です。

 安全には万全を期して堅牢なボディでX線の漏洩を確りと抑えながら、操作の容易さを両立させました。

 XYテーブルは電動です、コントロールはX線遮蔽窓から目視しながら外部操作で行いますが、X線の照射位置は赤いレーザービームで確認出来ます。

 装置は卓上型としてご利用いただけますが、床置きとしてのご利用も可能としました、省スペースを目指した設計です。



レーザービーム

X線検査の原理

X線は波長の短い電磁波で、原子と原子の間を透過することが出来ます、(可視光線の波長は数μm程度ですが、X線の波長はÅ領域です)そして、その透過力は物質の密度に版比例します。X線は人体細胞を破壊する生理作用を有していますので、わが国では労働安全衛生施工令で管理されます、そしてX線従事者の健康障害を防止するよう具体的な措置方法が明文化されています。当X線検査装置のX線漏洩量は、1マイクロシーベルト以下に設計されています、わが国の法令では、放射線の被ばく限度を実効線量で100mSv/5年と定めていますから、仮に週40時間の作業者が年間50週連続して、1マイクロシーベルトの放射線を被ばくしたとして、年間の被ばく量は2mSvとなり、それを5年間続けた場合10mSvとなります、また放射線の被ばく量は距離の自乗に反比例しますが、当装置のX線漏洩量単位は1μSv/h-cmですから、距離が離れた場合、飛躍的に被ばくの量は減少します。

MSX600型X線検査装置の放射線漏洩量は、極めて軽微なもので、しかもX線を直接人体へ照射する装置でもありません、装置は箱状で、なまりの板で被われており、箱の外への漏洩は、1μSv/h/cm以下であり、0.5mSv/3月以下です、これは労働安全衛生規則の88条に基づいて、設置30日前までに、所轄の労働基準監督署への届出が義務付けされておりますが、装置の使用者に特別な資格は不要です。 家庭にあるカラーテレビ(ブラウン管式)でも数μSv/h程度の放射線がでており、日常の大気中でも、類似の放射線が飛び交っておりますから、当装置の放射線漏洩量が問題になるようなことはありません。



MSX600Eベーシックモデル

MSX600Eベーシックモデル

ベーシックモデルは安価にX線検査を行うためのモデルで、操作が容易で、どなたでも扱うことが出来ます。 リワーク作業完了後のハンダ付け検査などに最適です。
映像倍率は25倍です、イメージプロセッサーはIB-Softです、画像処理としてライブコントロールと静止画補正機能があり、輝度やコントラストの調整、さらに画質改善(アベレージング)やエンハンス調整などが可能です。 測定結果は画像データとして保存し、さらにPhotoShopなどの画像処理ソフトで加工することも可能です。


MSX600Vハイスペックモデル

イメージプロセッサーにGxVisionを組み込んだモデルです、マイクロホーカス機同様の画像処理機能を持ちますので、2点間距離の測定や、円や多角形の面積演算も可能です。

 BGAのハンダやボイドの面積が測定できます、更に予め設定すれば、自動NO-GO判定も可能です。

 4画面表示機能を使えば、正しい測定映像、不具合の有る映像などを並べて表示させ、比較するなどの便利な使い方もできます。

 その他、アベレージングでの画質改善、白黒反転、コントラスト強調などの処理、穴ずれやワイヤー流れなどの計測、統計などの分析機能もあります。

 映像倍率は、基本の25倍をさらに、2,4,8ボイスることが出来ます、従いまして25/50/100/200倍の映像を得る事が出来ます。

 

 


イメージサンプル

67KV 0.2mA 25倍率



67KV 0.2mA 25倍率

 

67KV 0.2mA 50倍率



MSX600(E/V)L型スイング機能付きモデル

MSX600(E/V)L型は、0--50°の前後スイングが可能です。

小さな部品であれば、付属の手動マニュピレーターを使って360度スイングさせることも可能です。(写真のツールに基板を取り付けて回転させ固定します。)


 

基板を取り付けたマニュピレータは、XYテ-ブルに載せて使用します。

 




67KV 0.2mA 25倍率 

 


約50度スイング画像



外径寸法図 


MSX600卓上

 

MSX600床置き使用

 

 MSX600は、作業テーブル上で使用しますが、床置きで使用することも可能です。

仕様

項目 MSX600E MSX600V MSX600E/V-L
基板サイズ 330W x 450Dmm 最大
テーブルストローク 180Y x 180X mm 最大
XYテーブル駆動 電動
XYテーブルサイズ 330W x 450D mm
リモートコントロール オプション
X線管電圧 100Kv 最大
X線管電流 400μA 最大
焦点サイズ 100μmm
X線管冷却方式 空冷(密閉式)
傾斜角度 0度 0〜50度
X線漏洩線量 1μSv/H以下
X線防護方式 X線防護特殊キャビネット
透視拡大率 25倍 E:25倍 / V:25/50/100/200倍
検出器 CCD 1.0インチ
PC デスクトップ
CPU Celeron440 2.0GHz LGA775 L2 512KB
メモリ 2GB
ストレージ HDD500GB / DVD ドライブ
OS Windows7 Professional SP1 32bit
LCD 17インチ
画像処理機能 IB-Soft(E型) GxVision (E型以外)

画質改善、

エンハンス強調、

コントラスト調整、

ブライト調整など

測定:長さ(距離)
演算:面積、判定、統計
倍率切り替え: 2/4/8倍率
画質:向上(アベレージングなど)、
電源 AC100V 500VA
本体サイズ 740W x 925H x 700Dmm
重量 約160Kg

改良などの理由により、概観、仕様が変更される場合があります。


>>このページのトップへ

エムエスエンジニアリング株式会社
〒158-0083東京都世田谷区奥沢1-38-15  電話:03-4283-3951 / FAX: 03-3728-5232
Copyright(C)2007 M.S.Engineering Co.,Ltd. All rights Reserved.